世界初となるモバイルデバイス向け侵入検知システム、VAIO Phoneに搭載(日本通信) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

世界初となるモバイルデバイス向け侵入検知システム、VAIO Phoneに搭載(日本通信)

日本通信は、モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソリューションとして、世界初となる侵入検知システム「モバイルIDS」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本通信株式会社は9月3日、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソリューションとして、世界初となる侵入検知システム「モバイルIDS」を発表した。同製品は、企業ネットワークにおいて長年使用されてきたIDSソリューションを、同社の特許技術の活用によってモバイルデバイスに搭載したもの。

同製品は、9月18日より提供開始される「VAIO Phone」に搭載される。法人利用の場合は、100シート(台)の場合で月額24万円(税抜)。また、すでにモバイルIDSの試験運用を行っている法人顧客の協力により、防御機能も備えたモバイルIDPS(Intrusion Detection and Protection System:侵入検知防御システム)の提供も同時に開始する。なお、個人ユーザには、「コミュニティ開発プログラム」を用意している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×