14ナインの堅牢性を備えたクラウドストレージサービスの提供を開始(KDDI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

14ナインの堅牢性を備えたクラウドストレージサービスの提供を開始(KDDI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 KDDIは31日、法人向けクラウド基盤「KDDIクラウドプラットフォームサービス」においてクラウドストレージサービス「オブジェクトストレージ」の提供を発表した。9月7日より提供を開始する。

 「オブジェクトストレージ」は、動画や写真、音楽を含む音声データ、バックアップデータなどのデータ保管に対応する「無制限の拡張性」と、Erasure Coding(分散データ格納方式)による「99.999999999999%」(14ナイン)の堅牢性を備えているのが特徴。

 イントラ回線との接続が標準で提供されるため、閉域環境で利用できる。また、データは国内データセンター3か所で分散して保存される。接続料金、データ転送料金および初期費用は不要で、月額ストレージ利用料(8,000円/TB、税別)のみで利用可能。

 すでに日商エレクトロニクスなど、製造業、放送業、金融業などの企業において、本機能の導入が予定されている。

KDDI、堅牢性“14ナイン”のオブジェクトストレージを提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×