マイナンバーが付記された書類を安全管理するためのセキュリティキャビネットと鍵管理ボックスを販売(セコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

マイナンバーが付記された書類を安全管理するためのセキュリティキャビネットと鍵管理ボックスを販売(セコム)

 セコムは25日、マイナンバーなどが付記された書類をトータルに安全管理するためのセキュリティキャビネット「セサモCABI(キャビ)」と鍵管理ボックス「セサモKBX(ケービーエックス)」を8月中に販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セコムは25日、マイナンバーなどが付記された書類をトータルに安全管理するためのセキュリティキャビネット「セサモCABI(キャビ)」と鍵管理ボックス「セサモKBX(ケービーエックス)」を8月中に販売開始すると発表した。

 「セサモCABI」は社員証などの非接触ICカードでアクセス管理が可能なセキュリティキャビネット。扉や引き出しごとに解錠権限の設定が可能で、最大50台のキャビネットを接続できる。

 また同社のセキュリティシステムと連携しオンラインでキャビネットの異常解放を監視できるほか、パソコンで資格設定や履歴を一元管理することも可能だ。

 「セサモKBX」はキャビネットの鍵を収容して管理するための鍵管理ボックス。「セサモCABI」と同様に非接触ICカードによるアクセス管理、同社システムとの連携による異常解放監視、パソコンでの鍵の貸出・返却の履歴管理が可能。本体1台につき増設部を5台まで追加でき、最大50台(6,000鍵)まで接続できる。本体1台の場合は持ち運びが可能で、夜間は金庫室に保管するといった運用もできる。

 「セサモCABI」、「セサモKBX」ともにTypeA、MIFARE、eLWISE、FeliCaといったICカードの規格に対応可能。価格は「セサモCABI」が本体584,000円~651,000円、増設274,400円~345,000円。「セサモKBX」は本体414,800円、増設283,800円(いずれも税抜き)。

非接触ICカードでアクセス管理が可能……セコムがセキュリティキャビネット&キーボックスを発売

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×