LanScope CatがVMware vCloud Airに対応、公衆無線LAN接続PCも監視(MOTEX) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

LanScope CatがVMware vCloud Airに対応、公衆無線LAN接続PCも監視(MOTEX)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エムオーテックス株式会社(MOTEX)は7月30日、ネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」がVMwareの提供するクラウドサービス「VMware vCloud Air」(vCloud Air)に対応すると発表した。これにより、vCloud Airにマネージャーサーバを強固なセキュリティシステムのもとで構築できるようにし、公衆ネットワーク環境などのインターネットに接続されているPCに対して、リアルタイムの監視・管理を実現する。

MOTEXでは、クラウド基盤対応した「LanScope Cat」マネージャーを、vCloud Air上にBYOL(ライセンス持込み)で新規構築を可能にした。通信の暗号化およびPull型のファイル配信機能の実装により、VPNを利用しない公衆無線LANなどのインターネットに接続されているPCに対して、リアルタイムの監視・管理を実現する。また、vSphereを基盤にして自社内に構築された「LanScope Cat」マネージャーをvCloud Airへ移行し、運用管理が行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×