7月15日16時で「Windows Server 2003」のセキュリティ更新プログラムをはじめとするすべてのサポートを終了(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

7月15日16時で「Windows Server 2003」のセキュリティ更新プログラムをはじめとするすべてのサポートを終了(マイクロソフト)

 マイクロソフトは、本日7月15日16時(日本時間)で、「Windows Server 2003」のサポートを終了する。Windows Server 2003およびRemote Desktop Servicesのライセンス認証は今後も利用可能。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフトは、本日15日16時(日本時間)で、「Windows Server 2003」のサポートを終了する。Windows Server 2003およびRemote Desktop Servicesのライセンス認証は今後も利用可能。

 「Windows Server 2003」は2003年5月より提供を開始。その後、後継となる「Windows Server 2008」「Windows Server 2012」が提供されている。今回、「Windows Server 2003」については、セキュリティ更新プログラムの提供をはじめとするすべてのサポートを終了する。

 同社では、「まったなし、Windows Server 2003移行キャンペーン」などを展開し、最新OSである「Windows Server 2012 R2」、クラウドサービス「Microsoft Azure」などへの移行を推進。キャンペーンなどの効果もあり、Windows Server 2003の稼働台数は、2013年末時点では36万台だったが、現時点では約6万台まで減少しているという。

 今後もマイナンバー制度導入に合わせたシステム刷新なども見込まれるため、減少は加速すると予測されている。同社では、電話での「Windows Server 2003移行相談窓口」のほか、Webサイト「Windows Server 2003移行ポータル」での情報発信、パートナー社を通じた支援を今後も提供の予定。

「Windows Server 2003」のサポート、本日15日で終了

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×