7月15日16時で「Windows Server 2003」のセキュリティ更新プログラムをはじめとするすべてのサポートを終了(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

7月15日16時で「Windows Server 2003」のセキュリティ更新プログラムをはじめとするすべてのサポートを終了(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフトは、本日15日16時(日本時間)で、「Windows Server 2003」のサポートを終了する。Windows Server 2003およびRemote Desktop Servicesのライセンス認証は今後も利用可能。

 「Windows Server 2003」は2003年5月より提供を開始。その後、後継となる「Windows Server 2008」「Windows Server 2012」が提供されている。今回、「Windows Server 2003」については、セキュリティ更新プログラムの提供をはじめとするすべてのサポートを終了する。

 同社では、「まったなし、Windows Server 2003移行キャンペーン」などを展開し、最新OSである「Windows Server 2012 R2」、クラウドサービス「Microsoft Azure」などへの移行を推進。キャンペーンなどの効果もあり、Windows Server 2003の稼働台数は、2013年末時点では36万台だったが、現時点では約6万台まで減少しているという。

 今後もマイナンバー制度導入に合わせたシステム刷新なども見込まれるため、減少は加速すると予測されている。同社では、電話での「Windows Server 2003移行相談窓口」のほか、Webサイト「Windows Server 2003移行ポータル」での情報発信、パートナー社を通じた支援を今後も提供の予定。

「Windows Server 2003」のサポート、本日15日で終了

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×