さらなるセキュリティの向上を目指し新幹線の客室内やデッキ通路部にも防犯カメラを増設(JR東海、JR西日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

さらなるセキュリティの向上を目指し新幹線の客室内やデッキ通路部にも防犯カメラを増設(JR東海、JR西日本)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 JR東海(東海旅客鉄道)及びJR西日本(西日本旅客鉄道)は、東海道・山陽新幹線において、さらなるセキュリティの向上を目的として、客室内やデッキ通路部にも防犯カメラを増設していくことを発表した。

 対象となるのは、JR東海がN700A 31編成、N700系 80編成の計111編成、JR西日本がN700A 9編成、N700系 16編成の計25編成。

 2016年度から2018年度にかけては、JR東海については既存104編成+新製の7編成、JR西日本については、既存の21編成+新製の4編成に対しても、防犯カメラの設置・増設を行っていくとのこと。

 なお、東海道新幹線では、6月30日に列車火災事故が起きており、7月1日にはその事故を踏まえて、国土交通省が主催し、警察庁、JR東海、JR東日本、JR西日本、JR九州、JR北海道が参加する検討会議の中で、今後の警備強化などの確認を行っていた。

JR東海とJR西日本、新幹線車内の防犯カメラの増設を発表

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×