日本の「年金受給者の群れ」を狙ったハッカーたちが、大量のデータを盗む~原因究明の「チーム」が設立されるそうだ、やれやれ。(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

日本の「年金受給者の群れ」を狙ったハッカーたちが、大量のデータを盗む~原因究明の「チーム」が設立されるそうだ、やれやれ。(The Register)

このコンピュータ違反に関しては、警視庁も捜査を行っている。政府は攻撃を軽減するため、関係省庁やセキュリティ機関の専門家を集めた緊急首脳会議を開くものと考えられている。

国際 TheRegister
※編集部註:日本国外での報道の内容と表現をお伝えするため、本記事は The Register による原文を敢えて忠実に翻訳しております。

メールに添付されたウイルスが、日本年金機構のスタッフのコンピュータを掌握したことにより、日本の高齢者およそ 125 万人が個人の機微情報を盗まれた。

そこには氏名、ID 番号、生年月日、住所の一連のデータが含まれていた。

関係者は月曜(編集部註:2015 年 6 月 1 日)、「『安倍晋三首相の最初の任期に、彼の内閣を倒す助けとなったスキャンダル』の記憶を彷彿とさせる恥ずかしい状況下で」、このデータ侵害を認めたと Reuters は報じている
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×