ICカード認証による入退場管理システムを活用し被災時の避難者・安否未確認者を把握(富士電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

ICカード認証による入退場管理システムを活用し被災時の避難者・安否未確認者を把握(富士電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 富士電機は、東京ビッグサイトで開催された「Japan IT Week 春 2015」内の「データセンター構築運用展」にて、入退場管理システムを活用した災害時の「在場者安否確認システム」を展示した。

 「在場者安否確認システム」とは、同社のICカード認証による入退場管理システムを活用し、被災時に避難者や安否未確認者を把握することができるシステム。

 ハンディターミナルでICカードのID情報を読み込み、避難者を確認。入退場管理システムが把握している在場者情報と同期しているパソコンから、未確認者を一覧表示することで被災時の安否確認を素早く容易に把握できる。

 安否確認用パソコンは、ノートパソコンでの利用が可能で、万が一、入退場管理システムが停止した場合でも安否確認ができる。パソコンに接続したクレイドルにハンディターミナルを置くことでデータを同期。カードを持たずに避難した人のデータも手動入力で登録するというもの。

 同社の入退場管理システムにはこの安否確認機能が標準装備されているが、他社の入退場管理システムとの連携も可能とのこと。

退場管理システムを活用した災害時の安否確認システム……富士電機

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×