マイナンバーが外部にコピーされる際、ブロックした上で警告メッセージを通知(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

マイナンバーが外部にコピーされる際、ブロックした上で警告メッセージを通知(トレンドマイクロ)

 2016年1月、いよいよマイナンバーの運用が始まる。これを受けて東京ビッグサイトで開催された「Japan IT Week 春 2015」では、そのセキュリティ対策に関して、さまざまな展示が行われた。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 2016年1月、いよいよマイナンバーの運用が始まる。これを受けて東京ビッグサイトで開催された「Japan IT Week 春 2015」では、そのセキュリティ対策に関して、さまざまな展示が行われた。

 その内の一つ、トレンドマイクロのブースでは、同社のセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」について、マイナンバーに関する新たな取り組みが紹介された。

 これは、「Trend Micro情報漏えい対策オプション」に新たなフィルターを追加することで、マイナンバーが外部に漏洩するのを阻止するというもの。具体的にはマイナンバーがメールやUSBメモリー、印刷などによってコピーされようとすると、それをブロックすると同時に警告メッセージを通知する。

 このような取り組みは、すでに個人情報についても行われていたが、今回はその中にマイナンバーを追加する形となった。マイナンバーは漏洩時の罰則が大きく、その話題性から企業ダメージも大きくなると予測されている。

 そのため、トレンドマイクロでは警告パターンを変更したり、情報件数が少ない場合でも警告やレポートを作成できるようにした。さらに、万が一にマイナンバーが漏洩した場合には、それを含むファイルが他のパソコンに保存されていないか、一斉検索する仕組みも用意している。

 マイナンバーは税務や社会保障に使われるため、企業は社員やその扶養家族のナンバーを管理しておく必要がある。現時点では漏洩しても、企業名誉を傷つける以外に、さほど大きな影響はないかもしれない。

 しかし、いま漏洩したマイナンバーの価値が、5年後、10年後には飛躍的に向上している可能性がある。同社マーケティング本部の宮崎謙太郎氏によると、「海外ではクレジットカードが勝手に作られていて、大きな借金を背負ってしまった事例もあります。その漏洩ルートは個人情報と大きく変わらないと予測していますが、これからマイナンバーを管理している企業や団体は、より攻撃にさらされる可能性が高くなるかもしれません」という。

トレンドマイクロ、マイナンバーへの対策をスタート……情報漏えいをウイルス対策ソフトでブロック

《飛田九十九@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×