大型商業施設や公共施設などに向けた統合監視ソリューション(アライドテレシス) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

大型商業施設や公共施設などに向けた統合監視ソリューション(アライドテレシス)

アライドテレシスは、脅威を検出し、可視化する統合監視ソリューション「Envigilant」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アライドテレシス株式会社は4月21日、脅威を検出し、可視化する統合監視ソリューション「Envigilant」を発表した。同ソリューションは、高信頼のIT統合プラットフォーム「EtherGRID」、独自のSDN「AMF(Allied Telesis Management Framework)」による高効率ユニファイドマネージメント・システムをベースに、センサー・テクノロジーと、脅威を可視化するダッシュボード機能(監視コンソール)を統合した、新たな統合監視ソリューションとなっている。

脅威を検出するセンサー群は、IPカメラ・放射線検出センサー・バイオセンサーなどから構成され、複数のセンサーの状態を可視化し、ひとつのモニターで監視することが可能となる。同社では主に、大型商業施設やスタジアム、公共交通機関、駅、空港、公共施設、病院、教育機関、官庁/自治体施設などでの利用を想定している。また同社社は、Envigilantの提案・設計・構築・運用サービスをワンストップで提供し、安心・安全な社会の創出に貢献するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×