Steamを用いた悪質行為を妨げる為の新たな制限システムを発表(Valve) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

Steamを用いた悪質行為を妨げる為の新たな制限システムを発表(Valve)

Valveは、PCゲーム用クライアントSteamを用いた悪質行為を妨げる為の新たな制限システムを発表しました。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Valveは、PCゲーム用クライアントSteamを用いた悪質行為を妨げる為の新たな制限システムを発表しました。

Steamサポートページでは、フィッシング行為やスパム行為を行うSteamアカウントへの対策を狙った新システムについて解説されています。同ページによれば、条件を満たしていないSteamアカウントのフレンド機能やSteam Workshop、Steam Web APIなどの利用に制限が加えられるとのこと。制限解除には「合計5ドル以上のゲームを購入」「Steamウォレットへ5ドル以上入金」「Steamギフトを5ドル分以上利用」と言った条件が必要になります。

5ドル分以上のゲームを購入しているユーザーや、ゲームをプレイしているユーザーに制限は与えられませんが、これによりスパムアカウントの迷惑行為を妨げる効果が期待されます。サポートページでは制限と解除条件の細かなルールも記載されているので、Steamユーザーは目を通してみてください。

新規Steamアカウントに向けた制限システムが発表、悪質行為の防止図る

《subimago》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×