統合認証ソフトに、仮想環境上で生体認証によるログオンを可能にする新版(富士通) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

統合認証ソフトに、仮想環境上で生体認証によるログオンを可能にする新版(富士通)

富士通は、統合認証ソフトウェア「FUJITSU Security Solution SMARTACCESS」シリーズに、仮想環境上で生体認証によるWindows OSや社内システムのログオンを可能にする「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」を新たに追加し、国内で法人向けに販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士通株式会社は4月10日、統合認証ソフトウェア「FUJITSU Security Solution SMARTACCESS(SMARTACCESS)」シリーズに、仮想環境上で生体認証によるWindows OSや社内システムのログオンを可能にする「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」を新たに追加し、同日より国内で法人向けに販売を開始した。希望小売価格は、プログラムDVD「SMARTACCESS/Virtual メディアパック(64bit/32bit) V1.0」が5,000円、ライセンス料は1ライセンスで15,000円から。

「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」では、「VMware」や「Citrix」といった仮想環境においても、生体認証によるWindows OSや社内システムのログオンが可能になる。仮想環境の利用時においても、よりセキュアな認証セキュリティを実現するとともに、生体認証によりIDとパスワードを入力する手間がなくなるうえ、シングルサインオン運用ができるため利便性も向上するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×