バグ修正やパフォーマンス向上を実施した「iOS 8.3」の公開開始(アップル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

バグ修正やパフォーマンス向上を実施した「iOS 8.3」の公開開始(アップル)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 アップルは9日、「iOS 8.3」の公開を開始した。iOSデバイスから直接、またはiTunes経由でアップデートが可能。

 「iOS 8.3」では、さまざまなバグ修正やパフォーマンス向上が実施されたほか、300以上の新しい文字を含む、デザインが一新された絵文字キーボードが導入された。またNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのiPhone 6/iPhone 6 PlusでVoLTEが利用可能になった。

 また、以前のアップデート以降発生していた「一部のデバイスでWi-Fiネットワークへの接続が断続的に解除される問題」も解消された模様。「画面が横向きに回転した後、縦向きに戻らなくなることがある問題」「特定のAppが家族のデバイスで起動しないまたはアップデートされないバグ」なども修正されたとのこと。

 「iOS 8.3」はiPhone 4s以降、iPad 2以降、iPad mini以降、iPod touch(第5世代)向けのアップデートとなる。

アップル「iOS 8.3」が配信開始……絵文字キーボード刷新、VoLTE対応など

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×