恋愛をパスワードに置き換えたシーンの数々が原宿駅を彩る(日本交通文化協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

恋愛をパスワードに置き換えたシーンの数々が原宿駅を彩る(日本交通文化協会)

日本交通文化協会は、ネットサービスでの不正ログインの被害を防ぐ取り組みとなる「パスワード強化」を訴求するポスターを、JR原宿駅ホーム前の大型ボード17面に4月9日まで展示しています。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本交通文化協会は、ネットサービスでの不正ログインの被害を防ぐ取り組みとなる「パスワード強化」を訴求するポスターを、JR原宿駅ホーム前の大型ボード17面に4月9日まで展示しています。

携帯やスマートフォンの普及、また利便性の向上などの後押しもあり、インターネットを介したサービスが大きな飛躍を見せました。その中には、SNSの利用や会員専用サービス、そしてオンラインゲームなど、個人ごとにIDを取得して行うものも少なくありません。


著しい普及を迎えたサービスは便利な反面、不正ログインや不正送金といった犯罪に巻き込まれることもあり、自己防衛の意識も必要な時代となりました。そのため日本交通文化協会は、相次ぐネットワーク上の被害を防ぐべく「パスワード」の扱い方や重要性を訴え、若い世代の理解促進を目指すユニークな活動を行いました。

JR原宿駅ホーム前の大型ボード17面に、パスワード強化を訴求するポスターを展示。しかもその内容は、パスワードは「長く」「複雑に」「使い回さない」といった重要なポイントを、少女漫画の定番シーンである「告白」「別れ」「葛藤」「涙」などになぞらえて提示。恋愛をパスワードに置き換えたシーンの数々が、原宿駅を彩っています。


一時期ブームになった「壁ドン」ですが、流行した反面「あれはちょっと……」と思う方も少なくありませんでした。しかし今回のポスターの、壁ドンと同時に飛び出した「知ってるか? 本当にお前を守れるのはパスワードだけだぜ」という台詞には本当に大切な言葉が詰まっており、こんな壁ドンならグッと来る方もいるのでは。

このポスターは、情報処理推進機構と共催する第44回「原宿ファッションジョイボード文化展」による、一つの社会的・文化的メッセージのあるポスターを展示するといった目的から貼られたものです。35年もの歴史あるこの文化展は、原宿の街の風物詩として定着しており、多くの駅利用者から親しまれています。

なお文化展の終了後は、1面を除く16面が原宿駅の外側に向け、2015年10月8日まで掲示されます。気になる方は直接足を運んでみてはいかがでしょうか。また、遠くて見に行けないという方は、情報処理推進機構の公式サイト上にて公開されているので、そちらをご覧ください。


■第44回「原宿ファッションジョイボード文化展」開催概要
・テーマ:パスワード ― もっと強くキミを守りたい ―
・日程:2015年4月3日(金)から4月9日(木)7日間
・会場:JR原宿駅ホーム前(東京都渋谷区神宮前1丁目)
・共催:独立行政法人 情報処理推進機構/公益財団法人 日本交通文化協会
・後援:サイバーセキュリティ戦略本部/経済産業省/国立研究開発法人情報通信研究機構
・協力:ジェイアール東日本企画、エヌケービー


■情報処理推進機構 パスワード ― もっと強くキミを守りたい ―
URL:http://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/munekyun-pw/slideshow/index.html

(C)IPA, Japan. All rights reserved.

「パスワード強化」を訴える“少女漫画”がじわじわくる…恋愛もパスワードも「長く」「複雑に」「使い回さない」

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)@INSIDE》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×