東洋ゴム工業の免震ゴムの不正事件を受けて第三者委員会を設置(国土交通省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

東洋ゴム工業の免震ゴムの不正事件を受けて第三者委員会を設置(国土交通省)

国土交通省は、東洋ゴム工業の免震ゴムの不正事件を受けて「免震材料に関する第三者委員会」を設置すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
国土交通省は、東洋ゴム工業の免震ゴムの不正事件を受けて「免震材料に関する第三者委員会」を設置すると発表した。

東洋ゴム工業が大臣認定不適合の免震ゴムを販売していた不正事案を受け、免震ゴムの安全性検証、原因の究明や、再発防止策などについて専門的見地から検討し、国交省に対して提言していくことを目的に、学識経験者からなる「免震材料に関する第三者委員会」を設置する。委員長には、深尾精一首都大学東京名誉教授が就任する。

4月3日に1回目の委員会を開催する。

東洋ゴムの免震ゴム問題で第三者委員会…国交省、再発防止策を検討

《編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×