検索結果の非表示措置の申告を受けた場合の対応方針を発表、未成年者のいじめ被害などが対象(ヤフー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

検索結果の非表示措置の申告を受けた場合の対応方針を発表、未成年者のいじめ被害などが対象(ヤフー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ヤフーは3月30日、検索結果の非表示措置の申告を受けた場合の対応方針を発表した。検索結果とプライバシーに関する有識者会議を踏まえ、具体的な対応方針を明らかにしている。未成年者のいじめ被害といった過去の被害に関する情報などが対象となる。

 ヤフーは、2014年11月に「検索結果とプライバシーに関する有識者会議」を設置し、検索サービスの社会的役割や検索サービスの中立性や信頼性の重要性を考慮した上で、検索結果ページに表示される情報の削除について検討を行ってきた。28ページにわたる報告書が同社のホームページに掲載されている。

 プライバシー侵害に関する判断は、被害申告者が未成年か成年か、公職者か否かといった属性や、記載された情報の性質、社会的状況を考慮する。被害申告者の属性は、プライバシー保護の要請が高い属性(未成年者)と公益性の高い属性(議員や一定役職にある公務員などの公職者、企業や団体の代表・役員、芸能人、著名人)を配慮する。記載された情報の性質は、いじめ被害や犯罪被害といった過去の被害に関する情報、性的画像、病歴など身体的事項、過去の違法行為などとしている。

 検索結果の表示内容自体から権利侵害が明白に認められる場合は、当該権利侵害記載部分について非表示措置を講じる。具体的には、特に理由なく一般人の氏名や住所、電話番号等が掲載されているケースや、一般人の氏名や家庭に関する詳細な情報が掲載されているケース、一般人の氏名や秘匿の要請が強い情報(病歴など)に関する情報が掲載されているケースがあげられる。

 また、被害申告者からリンク先ページ管理者またはプロバイダーに対して削除を命じる裁判所の判決の提出を受けた場合には、原則として非表示措置を講じる。ただし、特定人の生命、身体に対する具体的・現実的危険を生じさせうる情報が掲載されている場合は、判決の提出がなくても例外的に非表示措置を講じる。

 最終的には個別の事案に応じた判断が必要となるケースが存在するため、実務対応については個別の事情を踏まえて慎重に対応することになるという。

ヤフー、検索結果の非表示措置の方針発表…未成年のいじめ被害など

《工藤めぐみ@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  7. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  8. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

  9. マネージドゲートウェイと併用できるエンドポイントセキュリティサービス(バリオセキュア)

  10. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×