2022年4月6日でYahoo! JAPANサービスが欧州経済領域(EEA)及びイギリスで利用不可に | ScanNetSecurity
2024.05.31(金)

2022年4月6日でYahoo! JAPANサービスが欧州経済領域(EEA)及びイギリスで利用不可に

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は2月1日、2022年4月6日から欧州経済領域(EEA)及びイギリスで「Yahoo! JAPAN」が利用できなくなると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ヤフー株式会社は2月1日、2022年4月6日から欧州経済領域(EEA)及びイギリスで「Yahoo! JAPAN」が利用できなくなると発表した。

 同社によると、「Yahoo! JAPAN」は欧州経済領域(EEA)及びイギリスの顧客に継続的なサービス利用環境を提供することが困難であると判断、一部のサービスを除き2022年4月6日午前11時以降(日本時間)からEEA及びイギリスで利用できなくなる。

 2022年4月6日以降も利用可能なのは、Yahoo!メール、Yahoo!カード、ebookjapanのみとなる。

 なお、Yahoo!メールについても、Yahoo!メールアドレスの取得・変更や6カ月以上利用されていないYahoo!メールアドレスの利用再開、スマートフォン版Yahoo!メールからの「連絡先」参照、メールソフト ログイン履歴、有料サービス(セキュリティーパック、ウイルスチェック、マイネームアドレス)の新規購入は利用できなくなる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×