SDN製品と次世代FWによる防御ソリューション、検知から数秒で初動対応(NEC、パロアルトネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

SDN製品と次世代FWによる防御ソリューション、検知から数秒で初動対応(NEC、パロアルトネットワークス)

NECは、パロアルトネットワークスとの連携により、不正端末の通信を自動で検知しサイバー攻撃を抑止する「サイバー攻撃自動防御ソリューション(次世代ファイアウォール連携)」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は3月30日、パロアルトネットワークス合同会社との連携により、不正端末の通信を自動で検知しサイバー攻撃を抑止する「サイバー攻撃自動防御ソリューション(次世代ファイアウォール連携)」の販売を同日より開始したと発表した。新ソリューションは、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」のネットワーク制御機能と、エンタープライズセキュリティプラットフォームの一部であるパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール製品による未知・既知の脅威抑止機能を連携させることで、サイバー攻撃の検出精度の向上に加え、自動で攻撃を検知し防御するもの。

未知のウイルス感染の場合でも、外部との疑わしい通信や挙動を検知し、疑わしい通信に対してSDNコントローラからネットワーク全体を制御することで、精度の高い検知ネットワークへの切り替えやネットワーク上での隔離を実現し、被害拡大を防止する。また、検知からの初動対応も数秒に短縮することが可能なため、二次感染等の被害拡大リスクを低減できるという。最小構成は、SDNコントローラ1台、SDNスイッチ2台、次世代ファイアウォール1台、SDN連携アダプタ1台となり、提供価格は1,100万円から。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×