企業向け総合セキュリティソフトが「マイナンバー制度」に対応(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

企業向け総合セキュリティソフトが「マイナンバー制度」に対応(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、同社の企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」のプラグイン製品「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」が、「マイナンバー制度」の企業運用におけるセキュリティに対応すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は3月10日、同社の企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション(ウイルスバスター Corp.)」のプラグイン製品である「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」が、「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」の企業運用におけるセキュリティに対応すると発表した。ウイルスバスター Corp.のバージョン10.6および11.0において、同日よりマイナンバーテンプレートを提供した。同社は本機能の追加により、今後1年間で300社の導入を目指すとしている。

マイナンバーテンプレートを使ってマイナンバーをはじめとする特定個人情報を含むファイルを検知する設定をしておくことで、クライアントPCからUSBストレージデバイスへのファイルのコピーやメール添付、オンラインストレージへのファイルアップロードのタイミングでファイルをスキャンし、マイナンバーなど特定個人情報が含まれるファイルを検知し情報が外部に漏えいすることをブロックすることが可能となる。

さらに、Trend Micro Control Managerとの連携による「データ検出機能」を利用することで、各クライアントPCに保存されているWord、Excelなどのファイルの中身をスキャンし、マイナンバーなどの特定個人情報が一定数以上含まれるファイルが保存されていないかを確認し、その検出結果を管理画面にて可視化できる。この機能を定期的に利用することにより、マイナンバーの取り扱いに関する企業内におけるコンプライアンス遵守の強化が可能になる。同社では今後、他の製品についてもマイナンバー制度への対応を進めていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×