【セキュリティショー2015】アクティブRFIDを使ったセキュリティシステム(立山科学ワイヤレステクノロジー) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

【セキュリティショー2015】アクティブRFIDを使ったセキュリティシステム(立山科学ワイヤレステクノロジー)

 セキュリティショー2015で「4K」と並ぶ注目キーワードといえば「フードディフェンス」があげられる。食の安心・安全はもとより、各種セキュリティシステムを導入することで作業の効率化、さらには生産性向上も期待できることから、注目している食品メーカーは少なくない。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セキュリティショー2015で「4K」と並ぶ注目キーワードといえば「フードディフェンス」があげられる。食の安心・安全はもとより、各種セキュリティシステムを導入することで作業の効率化、さらには生産性向上も期待できることから、注目している食品メーカーは少なくない。

 セキュリティショー2015に出展する立山科学グループの立山科学ワイヤレステクノロジーは、今回、フードディフェンス分野へのソリューション提供で豊富な導入実績を元にした製品のデモ展示を行った。

 展示していたのは、アクティブRFIDを使ったセキュリティシステム「CertifGate」。タグ自ら電波を発しているので、アンテナや受信機で常に電波を拾えるため、ICタグを持っているだけで位置情報や入退のログを取ることが可能だ。そしてわざわざアンテナや受信機にICタグをかざさなくてもいいので、首からタグを下げるなどすれば、ハンズフリーによる運用が行える。

 このシステムは、監視カメラと連動させることも可能。例えばドア周辺に取り付けたカメラと連動させておけば、後から入退ログとカメラの映像をひも付けて確認することができる。また、PTZカメラなら不審者をカメラで追尾することもできる。

【SS2015速報リポート033】ハンズフリーで入退室&ログ管理+カメラ連動が行えるフードディフェンス

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×