【セキュリティショー2015】動く被写体の撮影時の歪みを解消(三星ダイヤモンド工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

【セキュリティショー2015】動く被写体の撮影時の歪みを解消(三星ダイヤモンド工業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 走行中のクルマのナンバーを撮影しようとした場合、これまでは大なり小なり画像に歪みが発生していた。しかし、セキュリティショー2015に出展する三星ダイヤモンド工業(MDI)が6月より発売を予定している「グローバルシャッター」搭載モデルなら、その歪みを解消するというのだ。

 ブースでは、高速回転するCDを「グローバルシャッター」モデルで撮影するデモ展示を実施。肉眼では完全に識別できないCDの盤面に書かれた数字や文字を鮮明に映し出していた。

 グローバルシャッターは、全画素同時タイミングでシャッターを切るというもので、従来使われていたローリングシャッターとは異なる方式を採用。動く被写体の歪みをなくす以外にも、ストロボ撮影時には短い発光時間でも明るさに差が出ない映像を撮影できるというメリットがあるという。ちなみにこの方式はMDI独自の技術で現在特許出願中とのこと。

 なお、グローバルシャッター搭載モデルは、フルHD(HD-SDI/EX-SDI)カメラ「DS」シリーズ、フルHDネットワークカメラ「DZ」シリーズにラインアップされる。

 ブースでは、他にも暗所や逆光、豪雨や濁った水中で撮影した画像を鮮明化する機能のデモ展示を実施。グローバルシャッター搭載モデルがラインアップされる「DS」シリーズに画像鮮明化機能搭載モデルもラインアップされている。

 また、2月末に発表された中国企業・Dahuaとの正規代理店契約締結に伴い、Dahua製品の展示も行っている。

【SS2015速報リポート019】素早く動く被写体を確実にとらえる監視カメラが登場

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×