虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを展示(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを展示(富士通)

 富士通は「Mobile World Congress 2015」(MWC 2015)のブースにて、虹彩認証システムを搭載したスマートフォンのデモ展示を行っている。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士通は「Mobile World Congress 2015」(MWC 2015)のブースにて、虹彩認証システムを搭載したスマートフォンのデモ展示を行っている。

 虹彩認証システムは、赤外線LED照明で赤外線を照射し、赤外線カメラで眼球部分を撮影することにより、虹彩パターンを取得するというもの。今回のデモは、赤外線のLEDとカメラをスマホに外付けした状態で実施。アプリケーションを立ち上げ、瞳の虹彩を読み取り、情報を登録すると、電源のオンの際などにすぐに活用できるようになる。

 実際にデモを体験してみると、認証までのスピード感に驚かされる。このシステムにより、さらなるセキュリティ強化となるほか、医療現場など両手が濡れてしまっていたり、手袋を着用していたりして指紋認証が利用できないシーンでも、本人の認証が可能になる。現在は2015年度中の製品化に向けて、準備を進めているという。

【MWC 2015 Vol.58(動画)】富士通、瞳を読み取る“虹彩認証”をデモ展示

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×