鉄道の高架下の防犯カメラに「オンライン画像監視サービス」「侵入検知サービス」を導入(東京急行電鉄、東急セキュリティ) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

鉄道の高架下の防犯カメラに「オンライン画像監視サービス」「侵入検知サービス」を導入(東京急行電鉄、東急セキュリティ)

東京急行電鉄と子会社である東急セキュリティは、4月から鉄道の高架下の防犯カメラに、カメラ画像解析技術を活用した「オンライン画像監視サービス」と「侵入検知サービス」を導入する。

製品・サービス・業界動向
沿線設置の防犯カメラとセキュリティサービスをネットワーク化し、一元管理によって警備体制を構築する「タウンセキュリティ構想」の一環となる(画像は同社リリースより)。
  • 沿線設置の防犯カメラとセキュリティサービスをネットワーク化し、一元管理によって警備体制を構築する「タウンセキュリティ構想」の一環となる(画像は同社リリースより)。
  • 鉄道高架下に防犯カメラの設置を進め、4月から東急線全線(高架橋がない線を除く)で「オンライン画像監視サービス」「侵入検知サービス」を導入する(画像はイメージです)。
 東京急行電鉄と子会社である東急セキュリティは、4月から鉄道の高架下の防犯カメラに、カメラ画像解析技術を活用した「オンライン画像監視サービス」と「侵入検知サービス」を導入する。

 東急セキュリティが開設した画像監視センターでは、東急グループ各施設の防犯カメラを一元管理して、異常発生時の対応や防犯カメラのメンテナンス効率化などを行っている。

 2月から鉄道の高架下に防犯カメラの設置を進めており、4月からは東急線全線90台の防犯カメラに「オンライン画像監視サービス」および「侵入検知サービス」を導入して、侵入を制限している一部の高架下の警戒レベルを高めていく予定だ。

東急電鉄が高架下防犯カメラに「オンライン画像監視サービス」と「侵入検知サービス」を導入

《宮崎崇@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  3. ジョン・マカフィーの死から三年、新CEOにクレイグ・バウンディ氏

    ジョン・マカフィーの死から三年、新CEOにクレイグ・バウンディ氏

  4. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  5. 教員が駅のコインロッカーに預けた個人情報入りPCが盗難被害(東海大学)

  6. 大阪の奇跡「純国産SOCサービス」セキュアヴェイル、垂直統合までの20年

  7. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

  8. 非エンジニアの文系ライターが挑んだSecuriST(セキュリスト)認定ネットワーク脆弱性診断士受験記 [前編] もしもう一度ゼロからやり直せるなら

  9. AI は未来の脆弱性診断をどう変える? 第3回 「進化する AI と共に成長する AeyeScan、人を超えていく未来の可能性を探る」

  10. エーアイセキュリティラボ「生成AIを活用した脆弱性診断」に関する特許 3 件取得、生成AIオプション機能提供

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×