情報漏えい対策に有効な、複合機のログを一元管理できる統合管理サービス(シーイーシー) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

情報漏えい対策に有効な、複合機のログを一元管理できる統合管理サービス(シーイーシー)

シーイーシーは、同社が昨年12月に発表した、複合機のプリント、コピー、スキャンおよびファクスのログ管理を、マルチメーカー対応で一元的に実現するアプライアンスモデル製品「SmartSESAME M's eye connect box統合ログプラットフォーム」の提供を3月1日から開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シーイーシーは2月25日、同社が昨年12月に発表した、複合機のプリント、コピー、スキャンおよびファクスのログ管理を、マルチメーカー対応で一元的に実現するアプライアンスモデル製品「SmartSESAME M's eye connect box統合ログプラットフォーム」の提供を3月1日から開始すると発表した。同ログプラットフォームは、ネットワーク上の複合機の一元管理を、1台で実現するログ管理サーバ。

オフィス内の複合機を最大20台まで管理でき、ログの検索により、いつ・誰が・何を・どこからプリント、コピー、スキャン、ファクスしたのかを容易に確認できる。また、「部門別」「ユーザ別」など利用状況を見える化。使用ログを集計し、コスト管理に活用できる。本体にはインテル社製の軽量小型コンピュータを採用し、場所を選ばないコンパクトモデルとなっている。価格は初期費用が50万円から、月額費用が2万円から(ともに税別)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×