C&Cサーバとの通信をブロックする標的型攻撃対策機能を追加(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

C&Cサーバとの通信をブロックする標的型攻撃対策機能を追加(ソフォス)

ソフォスは、標的型攻撃においてサイバー犯罪者が利用するC&Cサーバとエンドポイントとの通信をブロックする新機能「Malicious Traffic Detection(MTD)」を提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ソフォス株式会社は2月9日、標的型攻撃においてサイバー犯罪者が利用するC&Cサーバとエンドポイントとの通信をブロックする新機能「Malicious Traffic Detection(MTD)」を提供開始すると発表した。同社のクラウド型セキュリティ・ソリューション「Sophos Cloud Endpoint Protection」に実装される。MTDを使用できるライセンスは「Sophos Cloud Endpoint Protection Advanced」および「Sophos Cloud Enduser Protection」。

MTDは、標的型攻撃の「隠ぺい・待機」フェーズで、エンドポイントとC&Cサーバとの通信をブロックする機能。具体的には、アプリケーションからのHTTP通信を監視、そのアプリケーションから接続するURLをMTDが検出すると、MTDに搭載された新しいコンポーネント「Sophos System Protector(SSP)」が即時にSophosLabsのクラウド上にあるビッグデータにそのURLが安全かどうか問い合わせる。その結果、URLがC&Cサーバや悪意あるサイトの場合は即座にブロックしSophos Cloudの管理コンソールに通知され、その脅威を駆除する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×