C&Cサーバとの通信をブロックする標的型攻撃対策機能を追加(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

C&Cサーバとの通信をブロックする標的型攻撃対策機能を追加(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は2月9日、標的型攻撃においてサイバー犯罪者が利用するC&Cサーバとエンドポイントとの通信をブロックする新機能「Malicious Traffic Detection(MTD)」を提供開始すると発表した。同社のクラウド型セキュリティ・ソリューション「Sophos Cloud Endpoint Protection」に実装される。MTDを使用できるライセンスは「Sophos Cloud Endpoint Protection Advanced」および「Sophos Cloud Enduser Protection」。

MTDは、標的型攻撃の「隠ぺい・待機」フェーズで、エンドポイントとC&Cサーバとの通信をブロックする機能。具体的には、アプリケーションからのHTTP通信を監視、そのアプリケーションから接続するURLをMTDが検出すると、MTDに搭載された新しいコンポーネント「Sophos System Protector(SSP)」が即時にSophosLabsのクラウド上にあるビッグデータにそのURLが安全かどうか問い合わせる。その結果、URLがC&Cサーバや悪意あるサイトの場合は即座にブロックしSophos Cloudの管理コンソールに通知され、その脅威を駆除する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×