SSDを搭載し撮影から録画まで対応できるデジタル監視カメラの発売を開始(クマヒラ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

SSDを搭載し撮影から録画まで対応できるデジタル監視カメラの発売を開始(クマヒラ)

 金庫や監視カメラなどの各種セキュリティシステムを総合的に扱うクマヒラは5日、デジタル監視カメラ「DC-S1」の発売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 金庫や監視カメラなどの各種セキュリティシステムを総合的に扱うクマヒラは5日、デジタル監視カメラ「DC-S1」の発売を開始した。

 カメラ本体に、信頼性の高いデータセンター仕様SSD(ソリッドステートドライブ)を搭載しており、カメラ単体で撮影から録画まで対応できる点が特徴となる。320万画素の高感度CMOSセンサーを備え、ネットワークカメラとして動作する。外部に最大3台のネットワークカメラを接続して、それらの映像を録画することも可能だ。

 同社が展開するセキュリティシステムとの連携で、入退出管理や鍵管理機の使用履歴と紐付けした撮影など、厳格なセキュリティシステムの構築が実現可能な点も特徴といえる。

カメラ単体での撮影&録画が可能……SSD内蔵デジタル監視カメラが登場

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×