米CloudFlare社とパートナー契約、総合マルウェア対策サービスを提供開始(GMOクラウド) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

米CloudFlare社とパートナー契約、総合マルウェア対策サービスを提供開始(GMOクラウド)

GMOクラウドは、セキュリティ企業である米CloudFlare社と日本国内初となる正式パートナー契約を締結した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
GMOクラウド株式会社は1月21日、セキュリティ企業である米CloudFlare社と日本国内初となる正式パートナー契約を締結したと発表した。第一弾として、総合マルウェア対策サービス「StopTheHacker」を同日より提供開始した。StopTheHackerは、Webサイトの脆弱性診断によるマルウェア感染の「防止」から、感染の「検知」、マルウェア除去によるWebサイトの「回復」までをワンストップで行えるサービス。

サーバ側に損害を与えるタイプのマルウェアと、アクセスしたユーザに対して損害を与えるタイプのマルウェアを別々に検知し、ユーザに通知。ユーザは「設定により自動的に修正」「オペレータが確認してから自動修正」「報告と修正方法の提示」から対応を選択できるため、状況に応じてマルウェアを除去し、Webサイトを回復させることが可能となる。ブラックリストモニタリング(監視)を無料で行える「Free」プランをはじめ、「Basic][Professional」「Business」の4プランを展開。幅広いニーズに応えるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×