高解像度画像の分析により映像セキュリティ機器としての応用拡大を期待(パナソニックシステムネットワークス) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

高解像度画像の分析により映像セキュリティ機器としての応用拡大を期待(パナソニックシステムネットワークス)

 パナソニックシステムネットワークスは7日、全方位ネットワークカメラ2機種を2月から発売開始することを発表した。撮影用画素数9メガピクセル、4K Ultra HDエンジン搭載など、従来機種より高画質化したことが特徴だ。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 パナソニックシステムネットワークスは7日、全方位ネットワークカメラ2機種を2月から発売開始することを発表した。撮影用画素数9メガピクセル、4K Ultra HDエンジン搭載など、従来機種より高画質化したことが特徴だ。

 360度の全方位を1台のカメラで撮影できる多彩な撮像モードに対応する。

 撮影画面の中央部だけでなく、隅々までより鮮明でスムーズな画像配信を実現した。カメラの台数を増やすことなく、より広範囲の撮影をカバーすることが可能だ。

 高解像度画像の分析により、映像セキュリティ機器としての応用拡大が期待できるという。

 別売の「i-VMD機能拡張ソフトウェア」を使用することで、魚眼モードでの人数カウントや、物体検知、侵入検知など各種アラーム検知機能などにも対応する。

税別価格は、屋外タイプ「WV-SFV481」が290,000円、屋内タイプ「WV-SFN480」が230,000円となる。

ネットワークカメラも4K時代到来!パナソニックが4K全方位ネットワークカメラ2機種を発売

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×