不法投棄や分別ルール無視対策としてごみ集積所へ監視カメラを設置(東京都中野区) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

不法投棄や分別ルール無視対策としてごみ集積所へ監視カメラを設置(東京都中野区)

東京都中野区は12月18日の区長記者会見において、ごみ集積所への監視カメラ設置予定を明らかにした。平成26年度中に6台を設置する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東京都中野区は12月18日の区長記者会見において、ごみ集積所への監視カメラ設置予定を明らかにした。平成26年度中に6台を設置する。

 中野区内では約14,400か所のごみ集積所のうち150~200か所、資源回収場所約7,600か所のうち20か所程度で粗大ごみの不法投棄や分別ルール無視、資源ごみの持ち出しなどが問題となっている。注意喚起や区からの指導もあるが、ルールの徹底と無秩序な排出抑止のため防犯カメラを活用する狙いだ。

 東京都23区内では足立区と葛飾区が各1か所の集積所に監視カメラを設置している前例があり、近隣住民への理解を得て設置が行われる予定。

 カメラ自体はSDカード記録式で保存期間は一週間前後。それを過ぎると自動的に上書きしていくタイプとなる。設置期間は3か月程度で他の集積所に移転していく予定。悪質な排出などが確認された場合は、保存された画像を元に指導を行うという。

東京都中野区がゴミ集積所に不正排出監視カメラを設置

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×