Oracle Engineered Systemsラボにエンジニアド・システムを導入(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2022.07.06(水)

Oracle Engineered Systemsラボにエンジニアド・システムを導入(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、Oracle Databaseの保護に特化した初のエンジニアド・システム「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、同社の「Oracle Engineered Systemsラボ」の増強を行うと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTデータ先端技術株式会社は12月25日、Oracle Databaseの保護に特化した初のエンジニアド・システム「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、同社の「Oracle Engineered Systemsラボ」の増強を行うと発表した。実機検証環境では世界初の導入となる。Oracle Engineered Systemsラボは、2012年4月の開設以来、顧客向けのPoCをはじめ、クラウドコンピューティング、ビッグデータに対応した新規ソリューション開発のための施設として運用している。

Zero Data Loss Recovery Applianceでは、データベースとの統合を実現した独自のテクノロジーにより、REDO(データベース変更履歴ログ)データをリアルタイムで収集し、最新のトランザクション保護を可能にしている。また、集積した差分バックアップイメージを自動的にマージした仮想フルバックアップイメージとして管理できるため、迅速に任意の時点への安全かつ確実なリカバリーが可能になる。本番環境のI/Oトラフィック、ネットワークへの負荷も大幅に削減できるため、長時間のバックアップウィンドウも実質的に不要になるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×