Lightningコネクタのアクセサリ偽造品を識別するサポートページを公開(Apple) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Lightningコネクタのアクセサリ偽造品を識別するサポートページを公開(Apple)

 Appleは、iPhoneなどに使用されているLightningコネクタのアクセサリ偽造品または模倣品を識別するサポートページ(日本語)を公開した。正規品と模倣品を識別する方法を写真付きで掲載している。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Appleは、iPhoneなどに使用されているLightningコネクタのアクセサリ偽造品または模倣品を識別するサポートページ(日本語)を公開した。正規品(Apple認定品)と模倣品を識別する方法などを写真付きで掲載している。

 同ページでは、「一部の企業が製造するアクセサリの中に、Apple Lightningアクセサリに似ているにもかかわらず、Appleによる認定を受けていないものがある」として、Apple公式認定である「Made for iPod/iPhone/iPad」ロゴの付いたアクセサリを使用するよう呼びかけている。

 もし模造品を使用した場合、デバイスの損傷、同期の問題、ケーブルの損傷、充電の問題、ケーブルが正しくはまらない、コネクタの端が外れる、コネクタが過熱するなどのトラブルが起こる可能性があるとしている。

 また、同ページでは偽造品・模倣品の見分け方も写真やイラストで詳しく解説。たとえばApple製のLightning-USBケーブルでは、USBコネクタから約18cmのところに「Designed by Apple in California Assembled in China」と印字されていることなどを紹介している。そのほか、Lightning コネクタ、Lightning-30ピンアダプタ、Lightning-Micro USB アダプタなどについても正規品と偽造品・模倣品の違いを図解している。

Apple、Lightningケーブルの偽造品・模倣品識別法を日本語で解説

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×