警察向けに5万台のボディカメラを支給する計画を発表、プライバシー問題も懸念(米ホワイトハウス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

警察向けに5万台のボディカメラを支給する計画を発表、プライバシー問題も懸念(米ホワイトハウス)

ホワイトハウスは連邦政府の補助金から、警察向けに今後3年間で5万台のボディカメラ(身につけて常時撮影を行う携帯型カメラ)を支給する計画を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ホワイトハウスは連邦政府の補助金から、警察向けに今後3年間で5万台のボディカメラ(身につけて常時撮影を行う携帯型カメラ)を支給する計画を発表した。

 カメラの着用によって犯罪抑止効果が期待されるとともに、警察官の行動記録を行うという目的もある。米国内ではミズーリ州ファーガソンの黒人少年銃殺事件などを契機に、警察官の行動記録開示を要求する動きが多くなっている。

 ただ、今回の補助金の額では全米のすべての警察官にカメラが行き渡るわけではなく、装着に伴うプライバシー問題なども懸念されている。今まででも米国主要都市の規模の大きい警察ではすでにボディカメラを導入しているケースもあるが、今後はこの流れが本格的に進むと思われる。

警察官が携帯型カメラを装備する? アメリカ連邦政府が補助金を適用して配備

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×