サイバーセキュリティ要員を倍増し、同事業を強化(NEC) | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

サイバーセキュリティ要員を倍増し、同事業を強化(NEC)

NECは、サイバーセキュリティ事業を強化すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は11月19日、サイバーセキュリティ事業を強化すると発表した。高度化・巧妙化が進むサイバー攻撃に対して、情報とスピードを重視し、先読みして対策を打つ「プロアクティブサイバーセキュリティ」を実現する2つのソリューションを、2015年度第1四半期から販売する。また、NECグループのサイバーセキュリティ要員を2017年度までに約1,200名に倍増し、サイバーセキュリティ関連事業で2017年度に売上げ2,500億円を目指すとしている。

新ソリューションは、社内ネットワークに接続されているサーバやPCなどの機器をリアルタイムで集中管理することで、「構成管理」「対象特定」「対策実施」の3つのステップの自動化を可能にする「セキュリティ統合管理・対処ソリューション」と、サイバー攻撃に関する情報とその対処法などを即座に提供する「脅威・脆弱性情報管理ソリューション」。同社の20年にわたり18万台の端末を含むNECグループ全体のシステムを守ってきた経験と実績をもとに、プロアクティブサイバーセキュリティを実現するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×