クラウド型セキュリティサービスに2つのゲートウェイ対策を追加(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

クラウド型セキュリティサービスに2つのゲートウェイ対策を追加(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、クラウド型セキュリティサービスブランド「Trend Micro Security as a Service(TMSaaS)」のラインアップを拡充すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は11月19日、クラウド型セキュリティサービスブランド「Trend Micro Security as a Service(TMSaaS)」のラインアップを拡充すると発表した。新たに、クラウド型Webゲートウェイセキュリティ対策「InterScan Web Security as a Service(IWSaaS)」および、クラウド上で管理運用し、クラウド上の脅威防御技術基盤と連携して高度な防御を提供する、クラウド型総合ゲートウェイセキュリティ対策「Cloud Edge」の2つの提供を開始する。同社はこの2つのソリューションにより、今後1年間で売上6億円を目指すとしている。

IWSaaSは、クラウド型サービスとして提供するためユーザ企業にて管理サーバを構築する必要がなく、導入時の初期投資や構築時間を抑えられるクラウド型Webゲートウェイセキュリティ対策。Webレピュテーションなどの技術を用い、不正Webサイトへのアクセス制限や不正プログラムのダウンロードを未然に防ぐほか、ブログやSNSサイトの閲覧、書き込みなどの制限により、企業の内部からの情報漏えいを防止する。ボットネット通信の検知にも対応する出口対策としても有効。また、クラウド型サービスのため、社外で利用するPCやモバイルデバイスへの対策としても利用できる。2015年第1四半期より提供開始予定。

Cloud Edgeは、クラウドとアプライアンスが連携して最新の脅威から企業を守る、クラウド型総合ゲートウェイセキュリティ対策。クラウドで管理運用やWebゲートウェイセキュリティを実施し、アプライアンス側では3種類のDPI(Deep Packet Inspection)や、次世代ファイアウォールを実装する。機能を分けることで、ユーザ企業のネットワーク負荷を押さえつつ日々巧妙化するサイバー脅威から企業を保護する。TMSaaSのサービスのひとつであるクラウド型企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」と併用すれば、エンドポイントの保護および、入口・内部・出口対策とトータルなセキュリティ対策を、月額課金により実現できる。2014年12月より提供開始予定。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×