「iOS」と「OS X」を標的とした「前例のないマルウェア」を発見(Palo Alto Networks) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

「iOS」と「OS X」を標的とした「前例のないマルウェア」を発見(Palo Alto Networks)

脆弱性と脅威 脅威動向

 米国Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス)は現地時間5日、Appleの「iOS」と「OS X」を標的とした、新しいマルウェア「WireLurker」(ワイヤーラーカー)を発見したことを発表した。

 「WireLurker」とは、“周到に準備する悪人”の意味。このマルウェアは、Appleプラットフォームを標的としたこれまでのマルウェアにない特徴を持っており、同社では「前例のないマルウェア」「マルウェアの歴史を変える」と指摘している。

 「WireLurker」は、ルートアカウント奪取いわゆるジェイルブレイクしていないiOSデバイスでも、企業内アプリ配信機能により、サードパーティ製のアプリケーションをインストール可能にするという。攻撃はOS XのUSB経由で行われ、悪意あるiOSアプリケーションを自動生成することも行う。

 Palo Alto Networksでは、OS XにおいてWireLurkerを検知する「WireLurkerDetector」をGitHubで公開中。

iOSとOS Xを狙う新種のマルウェア「WireLurker」……パロアルト「前例ない」

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×