Webサイトへの「攻撃遮断」「改ざん検知」「セキュリティ診断」をクラウドで提供(NTTソフトウェア) | ScanNetSecurity
2021.10.16(土)

Webサイトへの「攻撃遮断」「改ざん検知」「セキュリティ診断」をクラウドで提供(NTTソフトウェア)

 NTTソフトウェアは16日、Webサイトをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティサービス「TrustShelter(トラストシェルター」を発表した。11月4日から販売を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NTTソフトウェアは16日、Webサイトをサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティサービス「TrustShelter(トラストシェルター」を発表した。11月4日から販売を開始する。

 「TrustShelter」は、Webサイトの「攻撃遮断」と、「改ざん検知」「セキュリティ診断」をクラウドで提供するサービス。企業は自社の状況に応じて、本サービスで用意している3つの対策メニューのなかから、セットでの利用または必要なメニューを選択できる。

 サービスは、Webアプリケーションを狙った攻撃、大量パケットを同時に送信するDDoS攻撃の対策等の「TrustShelter/WAF(Web攻撃遮断)」、低価格・手軽に開始可能な「TrustShelter/CW(Web改ざん検知)」、さらなる対策を求める企業向けの「TrustShelter/ST(Webセキュリティ診断)」の3種となる。

 参考価格はTrustShelter/WAFが60,000円/月より(最低契約期間1年)、TrustShelter/CWが14,000円/月より(最低契約期間1年)、TrustShelter/STが要問い合わせ。

NTTソフト、サイトへのDDos攻撃や改ざんを防ぐセキュリティサービス

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×