「直ちに」Bashにパッチを:OS XやLinuxのシステムを破壊し無防備にする「Shellshock」バグ~Heartbleed級のリモートコード実行可能な脆弱性が、CGIスクリプトからDHCPクライアントまで影響(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

「直ちに」Bashにパッチを:OS XやLinuxのシステムを破壊し無防備にする「Shellshock」バグ~Heartbleed級のリモートコード実行可能な脆弱性が、CGIスクリプトからDHCPクライアントまで影響(The Register)

今回のBashの欠陥にShellshockという名前を提案した、Errata SecurityのRobert Grahamもまた、このプログラミングのへまはHeartbleedと同様に深刻だと言う。ただし次のように言及している。

国際 TheRegister
更新版 : 広く使われているBashコマンドインタープリタに見つかったバグは、深刻なセキュリティ上のリスクをUnixやLinuxのシステムにもたらす。こういったシステムは普遍的に使われているため、インターネット全体に対するものになっている。

無数のWebサイト、サーバ、PC、OS X Mac、各種のホームルータ、その他いろいろが、ハッカーによって乗っ取られる危険に陥っている。

この脆弱性は4.3以前のバージョンのBashに存在しており、Stephane Chazelasが発見した。侵害のリスクに特にさらされているのはApache Webサーバだ。なんらかの方法でBashを使用または起動するCGIスクリプトや、CGIスクリプトにより起動される子プロセスのBashは、リモートコードインジェクションに対して脆弱である。OpenSSHと一部のDHCPクライアントも、Bashを使用しているマシン上では影響を受ける。
《翻訳: Images & Words, Inc.》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×