都内の公立小学校がインフルエンザで今季初の学級閉鎖(東京都教育委員会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

都内の公立小学校がインフルエンザで今季初の学級閉鎖(東京都教育委員会)

脆弱性と脅威 脅威動向

 東京都教育委員会は9月10日、都内の公立小学校でインフルエンザの集団感染により学級閉鎖の措置をとったと発表した。都内の学校がインフルエンザで学級閉鎖するのは今季初めて。全国的にも今シーズン初とみられる。

 都教委によると、学級閉鎖したのは日野市立七生緑小学校2年生(全3学級)の1学級。在籍児童24人のうち、9月8日にインフルエンザ様疾患により児童6人が欠席した。主な症状は38~39度の発熱、頭痛、けん怠感、せきなど。9月9日から11日までの3日間、臨時休業の措置をとる。

 インフルエンザは、例年9月ごろから患者が出始める。国立感染症研究所によると、昨シーズンは12月からインフルエンザの流行が始まり、1月から2月にかけて流行のピークを迎えている。

インフルエンザ、都内の小学校で早くも学級閉鎖…今季初

《奥山直美@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×