cybozu.com上で動くサービスを対象とした「脆弱性報奨金制度」を開始(サイボウズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

cybozu.com上で動くサービスを対象とした「脆弱性報奨金制度」を開始(サイボウズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

サイボウズ株式会社は6月19日、同社クラウドサービス(cybozu.com)上で動くサービスの脆弱性を発見し、報告した者に対して報奨金を支払う「脆弱性報奨金制度」を同日より新設したと発表した。なお、「脆弱性検証環境提供プログラム」を開始した2014年2月以降、すでに報告を行った37件の脆弱性に対しても遡って報奨金を支払うという。

本制度は6月19日から12月25日まで実施するもので、期間の終了後には制度の見直しを行い、継続する予定。対象は、クラウドサービス基盤 cybozu.com で稼働する各サービス、同社指定のパッケージ製品およびAPI、同社指定のホームページ。金額は、共通脆弱性評価システムCVSS v2の評価結果を元に設定され、例えばCVSS v2の基本値が7.0以上の場合はCVSS v2基本値×30,000円となる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×