小規模企業やリモートオフィス向けのUTMアプライアンスを発売(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

小規模企業やリモートオフィス向けのUTMアプライアンスを発売(ウォッチガード)

ウォッチガードは、UTMアプライアンス「WatchGuard Firebox T10」を新たに発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は5月9日、UTMアプライアンス「WatchGuard Firebox T10」を新たに発表した。同モデルは、多店舗、多拠点、SOHO環境向けに設計されたネットワークセキュリティアプライアンス。スタンドアロンのセキュリティソリューションとしての用途のほか、本社などから集中管理されるリモートのセキュリティアプライアンスとしても活用できる。日本国内では、販売パートナーのソリューションモデルの位置づけとして販売を開始する。

「WatchGuard Firebox T10」は、3つの1Gbpsのイーサネットポートを装備し、最大200Mbpsのファイアウォールスループット、55MbpsのUTMスループットを提供。また、ネットワークとセキュリティに関するリアルタイムの可視化を提供する「WatchGuard Dimension」が標準提供される。さらに国内初のパートナーソリューションとして、京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社が、京セラ複合機に「Firebox T10」を装着するオプションホルダーを開発、複合機に「Firebox T10」を収納する一体型のソリューションパッケージとしての提供を開始する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×