離席を自動検知して画面をロックする顔認証ソフトを発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

離席を自動検知して画面をロックする顔認証ソフトを発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社(NEC)は4月22日、顔認証によるPCログオンや、ログオン中の利用者の常時確認を可能とするソフトウェア「NeoFace Monitor」を同日から販売開始したと発表した。Windows 7、8、8.1に対応するクライアントソフトウェアの価格はPC端末1台あたり1万円から、一元管理が可能なWindows Server 2008 R2、2012 R2に対応するサーバソフトウェアは30万円(ともに税別)となる。同社は、本製品を国内および北米・アジア地域を中心としたグローバル市場に展開し、今後3年間で400社への導入を目指す。

本製品は、米国国立標準技術研究所(NIST)のベンチマークテストにおいて第1位を獲得した同社の顔認証技術を搭載したソフトウェア。パスワードを入力することなく、PCに内蔵されたカメラに顔をかざすだけで、PCへのログオンを実現する。また、ログオン中も常に利用者の顔認証を行い、離席時は自動で画面をロックすることが可能。また、ひとつのIDを複数人で共有する場合も、各人が顔認証でログオンし、利用履歴を残すことも可能なため、PC端末のセキュリティを一層強化できるとしている。クライアントソフトウェアはWindows 8搭載タブレットにも対応する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×