大規模仮想デスクトップ環境を学生に提供、3次元CADソフトウェアも利用可能(広島工業大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

大規模仮想デスクトップ環境を学生に提供、3次元CADソフトウェアも利用可能(広島工業大学)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 鶴学園 広島工業大学は4月14日、シンクライアント端末を活用した大規模仮想デスクトップ環境(VDI)を、学生に対して提供する「仮想デスクトップ教育基盤システム」を整備し、4月1日から稼働開始したことを発表した。

 日立製作所のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のプライベートクラウドソリューションを活用して構築した。全学生4,519名は、教室に設置された650台のシンクライアント端末から、必要なOSやソフトウェアを搭載した仮想PC環境をいつでも利用できる。

 従来VDIにおいて動作させることが困難だった3次元CAD(Computer Aided Design)ソフトウェアなど画像処理が必要なソフトウェアも、本システムでは利用可能な点が特徴とのこと。本システムでは、ヴイエムウェアの「VMware Horizon View」を用いてVDIを実現するとともに、サーバ仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」によってサーバ群の仮想化・集約を実施した。

広島工業大学、仮想デスクトップ教育基盤システムの稼働を開始……3次元CADも利用可能

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×