JVNの脆弱性深刻度の表示に「CVSS 2.0」を採用(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

JVNの脆弱性深刻度の表示に「CVSS 2.0」を採用(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」において、脆弱性の深刻度の評価尺度表示に国際標準の「共通脆弱性評価システム(CVSS)」を採用すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月1日、脆弱性対策情報ポータルサイト「Japan Vulnerability Notes(JVN)」において、脆弱性の深刻度の評価尺度表示に国際標準の「共通脆弱性評価システム(CVSS)」を採用すると発表した。JVNでは、2007年のサイトデザインリニューアル以降、公表される脆弱性情報に「JPCERT/CC による脆弱性の分析結果」を掲載してきた。これは、脆弱性の深刻度を4つの評価尺度を使って多角的に分析し、レベル付けするものでった。

しかし近年、脆弱性の深刻度の表示では国際的に利用されている CVSS 2.0 の普及が進んでいることにも配慮しつつ検討した結果、JVNでも深刻度の表示を従来の方式からCVSS(Common vulnerability scoring system) 2.0に切り替える方針とし、4月1日以降の公表から新方式に移行することとした。また、単なるBase Score 表示だけではなく、直観的に理解できる評価値表示を採用している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×