Cyberoam社のUTM製品を取扱い開始 (ジェイズ・コミュニケーション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

Cyberoam社のUTM製品を取扱い開始 (ジェイズ・コミュニケーション)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ジェイズ・コミュニケーション株式会社は2月17日、都内で記者発表会を開催し、Cyberoam Technologies Limited(本社:インド Ahmedabad、CEO:へマル・パテル)と日本で初めて代理店契約を締結したことを発表した。

ジェイズ・コミュニケーションでは同日よりCyberoam社のUTM製品Cyberoam NGシリーズを、主に中堅中小企業向けに販売する。

Cyberoam NGシリーズは世界標準であるCC(コモンクライテリア)で最高レベルEAL4+の認定を受けたUTM製品。ステートフル・インスペクション・ファイアウォール、アプリケーションの可視化及び制御、アンチウイルス、アンチスパム、IPS、Webフィルタリング、VPN、帯域制御、マルチリンク機能などを標準搭載している。

またCyberoam NGシリーズは独自のレイヤー8 テクノロジという機能を搭載しており、ユーザをプロトコルスタックの8番目のレイヤーとして取扱うことでユーザ/ユーザグループを特定し、ユーザ/ユーザグループ毎のポリシー設定やレポーティングを可能にしている。なお同製品はすでに国内でOEM提供の実績があり、GUIも日本語化されているそうだ。ジェイズ・コミュニケーションでは最小で15台の構成を想定し、パフォーマンスなどに応じて7つのモデルを提供する。


さらに記者発表会後、Cyberoam Technologies Limited  新規ビジネス開発担当 上級副社長 Harish Chib氏と同社のアジア太平洋および日本担当 シニアマネージャ Amar Mehta氏に話を聞いた。


--満を持しての日本進出かと思いますが、各国での販売戦略と日本での販売戦略に違いはありますか。

市場ごとに戦略は異なり、その国や地域に最適だと判断した戦略を採っています。国や地域によって、文化やセキュリティに対する考え方、仕事の環境が異なるからです。もちろん日本でも独自の戦略を展開するつもりです。日本市場は顧客志向が強く、他国と比較してサポートの重要性が高いと感じています。


--パートナーとして契約を結んだジェイズ・コミュニケーション株式会社ですが、とくにどのような点を信頼されて今回の契約に至ったのでしょうか。

数年前から日本でのパートナーを探していました。その中で、製品をただ販売するだけでなく「付加価値」を提供できるパートナーであることや国内での実績、販売網などを理由に今回パートナーとしてジェイズ・コミュニケーション社と契約し、日本でのビジネスを共に進めることにしました。


--日本での販売目標と御社全体の今後のビジョンについて教えてください。

まずは日本ですが、初年度は売上高1億円を目指します。また、顧客満足という意味では100%を目指して活動していきます。弊社では日本における2カ年計画を策定しており、今後一層サポートに力を入れるために日本オフィスの設立も予定しています。

日本を含む弊社全体のビジョンとしては、今後全ての製品サービスをクラウド経由で提供したいと考えています。また研究とリサーチに力を入れ、新しい脅威に対する対策の強化を図っていきます。


--ありがとうございました。
《麻生裕一》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

  10. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×