Tizen OSを搭載したスマートフォン導入を見送り(NTTドコモ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Tizen OSを搭載したスマートフォン導入を見送り(NTTドコモ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTドコモは16日、2013年度内の導入を目指していたTizen OSを搭載したスマートフォンの導入を見送ると発表した。

 Tizen OSはiOS、Androidに続くモバイルOSとしてNTTドコモやサムスン電子、インテルなどが中心となって開発が進められてきた。NTTドコモは当初、2013年中にTizen OS搭載端末の発売を目指していたが、一度延期している。

 同社は、引き続き、Tizen Associationのメンバーとして、Tizen OSの普及に向けて取り組んでいくとしている。

NTTドコモ、Tizen OS搭載のスマートフォンを当面見送りへ

《吉川 亮太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×