重要インフラや工場プラントの制御システムを狙ったサイバー攻撃への対応を強化するため演習を実施(経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

重要インフラや工場プラントの制御システムを狙ったサイバー攻撃への対応を強化するため演習を実施(経済産業省)

 経済産業省は1月17日、電力・ガス・ビル・化学分野のサイバーセキュリティ演習を順次実施することを発表した。1月21より計5回を実施する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 経済産業省は1月17日、電力・ガス・ビル・化学分野のサイバーセキュリティ演習を順次実施することを発表した。1月21より計5回を実施する。

 近年、重要インフラや工場プラントの制御システムを狙ったサイバー攻撃が、世界的に多数出現している。こうした攻撃に対する対応を強化するため、演習を実施する。民間の協力も得て、演習用模擬システムを用い、実際にインシデントが発生した場合の課題を検証する。

 演習は、業界団体、研究機関、各事業者、制御システムベンダ他などが参加し、「技術研究組合制御システムセキュリティセンター」(CSSC)東北多賀城本部にて行われる。

経済産業省、電力・ガス・ビル・化学分野のサイバーセキュリティ演習をCSSCで実施

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×