SaaSアプリケーションのデータを暗号化しクラウド上に保管し安全に管理、米国の金融機関や欧州の政府機関などでの採用も(日本情報通信) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

SaaSアプリケーションのデータを暗号化しクラウド上に保管し安全に管理、米国の金融機関や欧州の政府機関などでの採用も(日本情報通信)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本情報通信(NI+C)は1月16日、米サイファークラウド社と契約し、同社が提供するクラウドデータ暗号化技術を用いたセキュリティ・ソリューション「CipherCloud」を日本国内で販売することを発表した。

 「CipherCloud」は、暗号化鍵を管理している「CipherCloud」ゲートウェイサーバを経由して、SaaSアプリケーションのデータを暗号化し、クラウド上に保管することで、クラウド上のデータを安全に管理するソリューション。米国の金融機関や欧州の政府機関などでの採用が急激に増えているという。

 SaaSアプリケーションやクラウドの種類に依存せずに利用できる。また、重要データの形式を保持したまま、意味をなさない別のデータに変換するセキュリティ技術「Tokenization」方式を利用することで、クラウド上に実データを保管せずとも、クラウドを利用しながら自社内でデータを保管ができる。

 米サイファークラウド社は、Salesforce Platform上で提供される業務アプリケーションのマーケットプレイスAppExchangeの米国におけるパートナー。「CipherCloud」は、Salesforceの各種アプリケーションと、Salesforce Platformによるカスタムアプリケーションにおいて、フィールド単位に暗号化の対象とレベルを指定できる。NI+Cはディストリビューターとして、「CipherCloud」のライセンス、および初期設定済みのアプライアンスサーバを提供する。

NI+C、クラウド上の機密データを暗号化する「CipherCloud」販売開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×