札幌大学が400台のVDI環境のウイルス対策に「Deep Security」を導入(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

札幌大学が400台のVDI環境のウイルス対策に「Deep Security」を導入(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は12月17日、学校法人札幌大学が学生の情報教育用に構築した仮想デスクトップ(VDI)約400台のセキュリティ対策に、総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」を採用したと発表した。同大学では「VMware Horizon View」を導入し、約400台の仮想デスクトップ環境を構築、学生向けの講義用学習ツールとして活用している。

同大学では仮想デスクトップ導入にあたり、講義の度に学生がログインすることによるサーバへの一時的なアクセス集中が見込まれた。特に、各仮想デスクトップにインストールされた従来型のウイルス対策ソフトが、ログイン後に一斉に起動される際に生じる過負荷の解決が課題となっていた。そこで、エージェントレス型のセキュリティ製品を検討。比較検討の結果、Deep Securityを採用した。

同大学では採用の理由として、VMware Horizon View向けのセキュリティ対策として豊富な導入実績があったことを挙げている。2013年10月の運用開始後、同大学ではサーバへの過負荷を抑えたウイルス対策が可能となり、その後も安定稼働している。今後は学内のWi-Fi環境の整備を行うなど、今後もBYOD環境の整備を進めていくという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×