「中小企業セキュリティアワード2014」を発表(イード) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

「中小企業セキュリティアワード2014」を発表(イード)

イードは、日本の中小企業におけるセキュリティ製品およびサービスの顧客満足度調査の結果から「中小企業セキュリティアワード2014」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社イードは12月11日、日本の中小企業におけるセキュリティ製品およびサービスの顧客満足度調査の結果から「中小企業セキュリティアワード2014」を発表した。本調査は11月20日より11月26日まで、従業員数300名未満の企業および組織で、ITセキュリティの運用または選定に関わっている方を対象に、主要セキュリティ製品およびサービスの利用満足度に関するアンケートによって実施したもの。有効回答数は850名。

調査結果によると、「ゲートウェイに設置するセキュリティ機器や統合型アプライアンスの部」ではチェック・ポイント。「IDS/IPSの部」ではIBM(IBM Security Network IPS)。「Webアプリケーションファイアウォールの部」ではバラクーダネットワークス(Barracuda Web Application Firewall)。「クライアントPCウイルス対策の部」および「ゲートウェイウイルス対策の部」ではESET。「メールセキュリティの部」ではキヤノンITソリューションズ(GUARDIANWALL)がそれぞれ最優秀賞を受賞している。部門数は全部で19あり、それぞれ最優秀賞が決定した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×