会社が許可したWi-Fiのみを表示することで、情報漏えいリスクを回避(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

会社が許可したWi-Fiのみを表示することで、情報漏えいリスクを回避(日立ソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立ソリューションズは11月27日、クライアントPCでのWi-Fi利用を制御する「秘文AE AccessPoint Control(秘文AE APC)」の販売を11月29日から開始すると発表した。価格は1ライセンスあたり3,150円。企業は本製品により、社内ネットワーク環境として導入が拡大しているWi-Fiの的確な運用を行い、情報漏えいリスクを軽減することが可能になる。

本製品は、クライアントPCでのWi-Fiの利用を制御し、会社が許可したWi-Fiのみを利用可能にするもの。クライアントPCから接続可能なWi-Fiとして、会社が許可したアクセスポイントのみを表示することにより、公衆Wi-Fiや個人所有のWi-Fiルータ、スマートデバイスのテザリング機能など、会社が許可していない経路でのインターネット接続を禁止し、情報漏えいなどのセキュリティリスクを軽減する。同社ではさらに、多様化するワークスタイルにおけるセキュリティ対策として、社外でも社内にいる時と同じセキュリティポリシーを適用可能なソリューションを提供していく予定だという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×